<< 昇華 X10動画テスト >>

ダイナミックトーン

10月5日、X10の機能拡張ファームフェアが公開されました。



a0245857_23295095.png

一番の目玉は「アドバンストフィルター」という6つのフィルターが追加されたこと。
中でも HDRerが注目するのはダイナミックな階調表現で幻想的に仕上げるという『ダイナミックトーン』
ではないでしょーか。オリンパスの定評ある『ドラマティックトーン』的なニオイを感じますが、
どの程度使えるフィルターか興味があります。




a0245857_034812.jpg

早速Ver.2.00をインストール。
FUJIはみんなこうなんでしょーか?全ての設定がリセットされて驚きました。

設定もそこそこに『ダイナミックトーン』を呼び出してみました。
構えるとモニターにHDR的なコントラストの高い絵が遅れ気味に映ります。
このへんは『ドラマティックトーン』と同じですね。
K-rのHDR処理やエクシリムのHDRアートの処理後初めてわかる絵とは違います。





a0245857_041034.jpg

初ダイナミックトーン。右がダイナミックトーン、左はノーマルトーン。
う〜ん...どーでしょー? ( ̄∇ ̄;)





a0245857_0135780.jpg

時間が取れずに夜になってしまいました。ドノーマルトーン w






a0245857_23583576.jpg

だいなみっくと〜ん!!

タクシーの『割増』に注目。なるほど...高速連写になって7枚重ね合わせてるようです...。(条件で変わるのかも)
これはK-rの3コマ、エクシリムの5コマの上をいってます。それにしては処理時間は短いデス。
ドラマティックトーンのように1枚からフェイクHDRするのかと思ってたので意外デシタ。






a0245857_029872.jpg

ブラケット3枚でPhotoMatixから起こしたヘボHDR。
大きな画像もあります → こちら










a0245857_0382216.jpg

ドノーマルトーン w ) 上野駅常磐線ホーム。遠くに整列乗車するサラリーマン。日本人はちゃんとしてるなあ。





a0245857_038738.jpg

ダイナミックトーン) 発車する常磐線。今もワンカップとイカのニオイが充満してるのだろうかw





結論

まだ出ません、ていうか、出せませんw 
ゴーストがコマ送りで動きものは辛い..のとかは分かりましたが、
もう少し使ってみて、相性のいい被写体、状況、撮り方を工夫してみたいと思います。
他にも夜景で『ミニチュア』とか...使ってみたいですね。

それにしても内部情報を書き換えるだけで、これだけ違ったカメラに進化してしまうなんて...
デジタルの恐ろしさを感じます。36枚を大事に巻き上げてた世代には驚き以外の何者でもないデス。



FUJIFILM X10
Nikon COOLPIX P 4
[PR]
by fujinon7 | 2012-10-07 01:12 | Camera
<< 昇華 X10動画テスト >>